【お取り寄せ商品】Two Notes Torpedo Reload

   

Two Notes Torpedo Reload 150Wロードボックス|アッテネーター|リアンプ|アンプ&楽器用DIボックスが一台に収まった、レコーディングに便利なアナログ・インターフェイス。

録音後は付属DAW用ソフトでサウンドの加工もできます。

このTorpedo RELOADは、ギタリストやベーシストがレコーディングに必要なものを全て搭載したアナログ・インターフェイスです。

本機は、RE-ACT(アッテネーター)、REPLAY(リアンプ機能)、MATCH(リアンプ時のレベル調整)、ロードボックス機能、楽器用DIボックスを搭載しています。

本機があれば、ギターやアンプの純粋なサウンドを、素早くレコーディング開始できます。

RE-ACT(アッテネーター機能) two notes torpedo reload re-act独自のRE-ACT(Reactive-Active)技術により、どんなアッテネート・レベルであっても、アンプの特性をそのまま伝えることができます。

アッテネートした出力とライン出力は同時に使えるため、スピーカーから音を鳴らしながら、アンプからのドライ音をラインで録音できます。

REPLAY(リアンプ機能) two notes torpedo reload replay一旦録音した音をラインで入力し、楽器用レベルの信号を出力することができます。

この出力を再びギターアンプに入力すれば、リアンプを行えます。

MATCH(リアンプ時のレベル調整) two notes torpedo reload matchMATCH機能により、リアンプの際にやっかいなレベルを簡単に設定できます。

リアンプ時に実際にギターを繋ぎ、既に録音してあるサウンドに合わせてLEDで確認しながらプレイするだけです。

ロードボックス機能 torpedoreload load box通常、真空管アンプはスピーカーを繋がなければ使用できません。

しかし、本機のロードボックス機能を使えばスピーカーを繋がなくても使用でき、ライン信号を出力できます。

出力が150W RMSまでのヘッドを使用できます。

楽器用DIボックス機能 two notes torpedo reload di boxギターやベースを繋いで、マイクレベルの信号を出力するDI機能があります。

これにより楽器本来の鮮明な音のまま、マイク・プリアンプやミキサー等に信号を送れます。

Torpedo Wall of Sound Torpedo Reloadエディション付属 ギターやベースのスピーカー・キャビネット、パワーアンプ、マイキングをシミュレートするDAWソフト用のプラグイン・ソフトが付属しています。

  • 商品価格:78,840円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

グレコ 関連ツイート